UbuNtu -I am because of you-

世界の多様性をもっと多くの人に!

生きる力

やまたつです。

 

 

今回は少しかたい内容になるかと思います。

 

"生きる力"について。

 

僕が何度か訪れたことのあるフィリピンと、ここマラウイを比較して考えてみたいと思います。

 

まず、共通していることを以下にあげます。

 

1、圧倒的に仕事が足りていない。

 

2、貧困層と富裕層の格差が激しい。

 

これらは共通項とできるでしょう。

 

しかし、同じ貧困でもフィリピンとマラウイでは様子が違うように思います。

 

【フィリピンの場合】

 

村で生活していても生活が苦しい、仕事がない。

仕事を求め都市に出てくる。

結局、仕事が見つからないまま村に戻るか、都市に残りスラム街で日々の生活をする。

 

という貧困の流れがあります。

 

結果はどうあれ、何かしらの行動を起こすんです。

 

マラウイの場合】

 

村で生活していて生活が苦しくなる(主に雨季の終わり頃)。

仕事を求め都市に出ることはない(というか、金銭的理由で出られない)。

NGOや海外団体からのドネーションが入り、飢えは回避できる。

結果、自らの貧困に対して行動を起こさない。

 

という違いがあるように思います。

 

もちろん、僕の主観なので見落としや事実ではないことがあると思いますが。

 

 

ドネーション

 

援助。

 

聞こえは良いですが、モノやカネを簡単に与えるのは本当に良い事なのでしょうか?

 

貧困に苦しんでいる人たちを見て、見ないフリするのは心苦しいと思います。

 

しかし、人には本来、生きるための力が備わっています。

 

自然の力には勝てませんが、厳しい環境下でも人は知恵や工夫を凝らして乗り越えてきました。

 

そうしないと生きていけないから。

 

誰も助けてはくれないから。

 

それが一転して、助けてくれる人がいたらどうなるでしょうか?

 

依存が起こります。

 

自分で問題を解決する力が失われていきます。

 

言い換えると、生きる力が失われていくわけです。

 

フィリピンで出会った盲目の人。

 

彼は目が見えず、当然、仕事にも就けず、でも生きていくために必死でした。

 

歌を歌っているのです。

 

目が見えない、でも声は出る。

 

そうやって彼は何らかの"価値"を作り出すことによって、お金を得ているのです。

 

僕も彼の歌声に価値を感じ、お金を渡しました。

 

マラウイでは見ない光景です。

 

マラウイでは「お金=もらう物」という考えが普通にあります。

 

親が子供に「外国人にあったらGive me moneyといいなさい」と教えることもあるそうです。

 

お金って何なのでしょうか?

 

生きるために必要なもの、もちろん貨幣社会では切っても切れないものです。

 

お金は何かの対価、感謝の気持ちが形になったものに近いのではないでしょうか?

 

つまり、何か価値あるものを提供してお金をいただく。

 

そういうものです。

 

必死に小さなビジネスをやっているマラウイアンもいますが、そうでない人も目立ちます。

 

援助というものは必要です。

 

緊急援助などは典型的でしょう。

 

フィリピンの台風では大きな被害が出ました。

 

このような場合の援助は絶対必要です。

 

ですが、マラウイの場合は?

 

飢えてるから食料を与える。

 

では、なぜ飢えるのか?

 

1、食料の絶対数が少ない。

 

2、貯蔵の方法に問題がある。

 

大きく分けてこの2つでしょうか。

 

飢えという問題を解決するためにはこの2つに対するアプローチが必要なのであって、食料を配ることは根本原因の解決ではない気がします。

 

"魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教える"

 

まさにこの言葉の通りです。

 

こうやって援助に慣れきったマラウイアン達は、「Problemだ!」と言いながら特に行動を起こさない、Problemは援助が解決してくれると待っています。

 

生きる力はどこへ?

 

この葛藤はまだまだ深まりそうです。

 

 

~今回のレシピ~

生きる力を奪わない援助を

 

13/FEB/2014

スローペース

雨季に入ったにもかかわらず、任地カロンガは暑いです。

 

気温と共に、気持ちも悶々としてます、やまたつです。

 

 

今年から新たに開始した活動の紹介します!

 

1月終わりごろになってやっと少しずつ動き出したこの活動。

 

それは"教育省の職員と組んで学校の生徒や先生に対する栄養の知識提供、それにモリンガ(栄養満点の万能植物)の普及。

 

たまたま教育省の人が近所に住んでいて、話しているうちにこの企画が持ち上がりました。

 

今年から学校にガーデンを作り、給食を自給しようというプログラムが始まったみたいで、好都合なんだとか。

 

どうせ食べるなら栄養のあるものをね。

 

ただ今、自宅ではモリンガの苗を大量生産中。

 

あと、指導媒体やらモリンガを使った料理のレシピ集の作成など、そこそこやることはあります。

 

でも、いくら自分が頑張ってもマラウイアンのスピードは想像を超えるほど遅い。。

 

だから、のんびり準備していこうと思います。

 

でもチャンスは逃さず、いつでも掴める準備も怠りません。

 

今月の末から旅行でザンビア南アフリカに行く予定なので、そっちの準備も。

 

こうやってゆっくり時間は流れていくんですね。

 

 

教育省のガーデンにて、モリンガの植林開始↑

 

 

~今回のレシピ~

自分のペースを守るも乱すも自分

 

2/FEB/2014

嘘って?

新年が明けても活動は相変わらず一進一退。 

 

本当に継続ということが難しいと感じています、やまたつです。 

 

 僕は人が好きで、よく人間観察をしています。 日本にいたときもいろんな人と会って、その人の考え方や行動から学んでいました。 

 

ここマラウイでも同じく人間観察をしています。

 

 活動はうまくいかないけど、チャッティング(雑談)から学ぶことも多々あります。 

 

去年の年末にとっても興味深いことが起こりました。

 同任地の後輩隊員が雇っている警備員の”嘘” 僕たちJOCVは昼と夜に自宅警備員を雇わなくてはいけない決まりがあります。

 

 なので当然、現地人(マラウイアン)を雇うわけですが、厄介な人が多い。 

 

時間通りに来ない。

 

 そのくせ、時間通りに帰る。

 

 途中で隣人のところに出かける、そして数時間帰ってこない。 

 

家主が留守の時には来ない。 

 

 などなど、勤務態度が酷すぎる場合もよくあることです。 

 

幸い、僕の警備員は2人とも相当優秀なので、特にストレスなく暮らしています。 

 

話は戻って。。

 

 後輩隊員の警備員は最悪の極みでした。 

 

彼女が2週間ほど留守のとき僕は何度か彼女の家を訪問しましたが、案の定、警備員の姿を見た日はありません。

 

 このことを彼女に報告すると、当然、解雇ということになりました。 

 

そこで、彼女が帰宅してから最後の給料支払いの時、同時に解雇通告をしました。 

 

が、問題は給料。

 

 働いていない日の給料の支払いは当然ありません。 

 

警備員に「何日働いたか?」と尋ねると。。

 

 「1日だけ葬式があって来られなかったけど、あとは全日働いた」 

 

 ん? そこで僕が、家主のいなかった数週間、君の姿を見ていないよ。

 

 と、伝えたが彼は断固として全日働いたと言い張る始末。 

 

嘘をつくなというと、黙るもしくは「I don’t know」。 

 

彼は英語がほとんど話すことができないので、現地人の通訳をつけての会話。 

 

全然解決の兆しが見えない中、そもそも嘘という言葉を知らないということが発覚。 

 

通訳に意味を説明してもった後、僕はもう一度尋ねました。 

 

「君は嘘をついているだろう?」 彼の答えは「YES」。 

 

 ん? イエス? そう、彼は嘘をついていると認めました。

 

 が、給料は全額もらうと全く引く気がない。 

 

もう全然意味がわからなくて、ただ怒りは限界値を超えそうでした。

 

 僕の警備員ではないので、僕がそこまで怒る必要はなかったのですが、平気で嘘をついて、給料を全額貰おうという態度がどうしても許せなかった。

 

当事者である家主の彼女は、何を言ってもきかないから、給料を全額払って解雇にするということで終わらせようと言いました。 

 

結局そうすることで、事は落ち着き、彼は帰っていきました。 

 

なぜマラウイアンは見え透いた嘘をつくのか? 

 

 誰も咎めないから? 

 

 そもそも嘘という感覚がないのか? 

 

さまざまな疑問がありますが、このマラウイアンの行動観察はまだまだ続きそうです。

 

任期終了後には”マラウイアンの説明書”として後輩隊員へ提供したいと思います。

 

楽しくもあり、ストレスでもあるマラウイでの人間観察です。 

 

 

 ~今回のレシピ~ 

信頼が人と人の絆をつくる

 

26/Jan/2014

2014年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

 

2014年、異国にいても自分らしく突き進んでいます、やまたつです。

 

 

さて、仕事始めを明日に控えて、今日は今年の抱負と気持ちの整理をしています。

 

新年早々、新たな出会いもあり、活動の幅が広がっていきそうな予感がします。

 

もちろん、広げすぎると自分の負担になってしまいますが、今年からは病院での活動は最小限に抑えていきたいと考えています。

 

理由はもちろん"あそこは病院じゃないから"です。

 

僕(栄養士のボランティア)が入る前に改善すべき問題が山ほどあるマラウイ医療機関

 

そこを彼ら自身の力で解決しない限り、病院での活動は難しいでしょう。

 

ということで、今年はより草の根の活動を目指して、より身近な人達のために何かできないか考え、行動していきます。

 

今年の抱負ですが、仏教で3つの毒と言われている;

 

妬む

 

怒る

 

愚痴る

 

をしないように過していきたいと思います。

 

マラウイにいるとこれらがとっても難しいのは、この9ヶ月で痛感しましたが、今年は挑戦してみます。

 

なぜなら、この9ヶ月、自分の内面に少し変化が出てきたから。

 

あまり良い意味ではなく。

 

ここマラウイでは日本語はJOCV間でしか通じないので、愚痴や文句を日本語で言っていれば現地人や他国のNGOの人たちに知られません。

 

良いようで良くない現実。

 

自分もすっかりそれに埋もれてしまい、気付けば愚痴をこぼしていました。

 

が、今年からはネガティブで生産性のないことはしないようにします。

 

未来は今の積み重ね。

 

もっと物事ポジティブに見て、考えて、行動していきます。

 

以前はやってたんだけど、異国の環境下では難しいと実感しました。

 

どこにいても自分らしく、が大切ですね。

 

そして今年の漢字

 

日本で有名なのは毎年年末にその年を振り返って決めていますが、僕は目標の意味を込めて新年に決めたいと思います。

 

さて、それは;

 

【捨】

 

煩悩を捨て、必要のないものを捨て、もっと身軽に、シンプルに生きていきたい。

 

マラウイアンは物もお金もごくわずかで生活しています。

 

それでも友達や家族、恋人とお喋りしながら楽しそうな時間をゆっくりと過しています。

 

わかっているようで、わからない自分の幸せ。

 

今一度、自分を見つめ直すのもいいかもしれないですね。

 

僕は仕事を辞めて、フィリピンに3週間スラム街の現実を見に出かけました。

 

そこで見たもの、出会った人、感じたことからたくさんの影響を受けました。

 

自分の幸せを探すには特別な場所はいらない。

 

自分に聞いてみればいいだけ。

 

そのヒントをいくつか紹介します。

 

1、制限がないならどんな人生がいいか?

 

2、忘れている感謝はなにか?

 

3、人生において絶対に後悔したくないことはなにか?

 

などなど、自分の心に質問してみてください。

 

本当の自分は案外、一番近くにいるのかもしれないですね。

 

では、今年も一年よろしくお願いします。

 

 

~今回のレシピ~

時間に追われると早く感じるが、時間を追うと遅く感じる

 

5/JAN/2014

2013年末

長いこと更新せずに放置していました、やまたつです。

 

この頃は何かと悩みも多く、落ち込むことも多々あり、情報発信を怠っていました。

 

何もする気になれず、ただただ過ぎてく日もありました。

 

12月は隊員総会というものがあり、マラウイ国内のJOCV約80名が一同に集まり、情報交換や活動報告をする大きなミーティングです。

 

マラウイJOCVの数は世界で最も多いみたいですよ。

 

つまり、たくさん援助が入っているということ。

 

そして、来期から僕がボランティア会の会長として、マラウイ隊を取りまとめていくことになりました。

 

正直この大役が自分に務まるかわかりませんが、立候補した以上しっかりやっていきたいと思います。

 

 

さて、今年ももうすぐ終わり。

 

2013年は変化し続けた年でした。

 

JOCVとしてマラウイに来て、志高くいろいろと活動してみたけど、困難に何度もぶつかった一年。

 

マラウイアンを本気で嫌いになったり、職場でキレたり。。

 

全て自分の糧となって今後の未来を創っていくことでしょう。

 

あと任期も1年と数ヶ月。

 

長いなぁと思う反面、過ぎれば早かったと言ってるんだろうな。

 

2014年はどんな一年にしようか、そんなことを今日は考えながら過したいと思います。

 

では、皆さん良いお年を。

 

 

自宅のウォッチマン(警備員)と朝から年越しそば↑

 

~今回のレシピ~

自分で創り上げる未来は自分のために

 

31/DEC/2013

思うこと。。

今は季節の変わり目。

 

雨も降り始め、雨季が始まりました。

 

雨の後は涼しくなるカロンガから、やまたつです。

 

 

最近はやることがそこそこ多いというのもありますが、考えることが多いです。

 

任国へ派遣前に僕たちJOCVは二本松か駒ヶ根で約2ヶ月の派遣前訓練を受けます。

 

そこで言われることが"継続性を考えた活動"

 

つまり、2年間活動し帰国後も残るような仕組みを作ることを目標にしなくてはいけません。

 

確かに僕らがいないとできないことを教えてあげても帰国後は誰もやらないですよね。

 

で、実際に赴任してから半年が過ぎ、その間いろいろ試してはみたものの、あまり達成感がない現実。

 

原因は多々考えられますが、大きく分けて2つあると思います。

 

1、病院スタッフのやる気が乏しい。

 

2、僕自身の中で自分の活動に確信の持てないまま実行しているので、全力を出し切れていない。

 

1については僕の力じゃどうにもなりません。

 

人の行動を変えることはマラウイでも日本でも難しいものです。

 

やはり一度、自分の身に降りかかってみないと人は変われないんです。

 

こればかりは2年でどうこうできる問題ではないので。。

 

2については僕自身の問題です。

 

国が違う、文化が違う、食事が違う、何もかもが違う中、これだと確信を持って活動していくことは至難の業です。

 

ほとんどと言っていいほど、手探りと行動を同時進行しています。

 

僕は考えるのが苦手です。

 

じっと考えているよりも行動するタイプの人間です。

 

どんどん体当たりで突き進んでいくスタイルが自分には合っているんだと。

 

継続性を考えていると自分らしさを失うことに気づきました。

 

少しでもいい、ほんの少しだけでもいいからここマラウイに自分がいた事実を残したい。

 

そんな思いを内に秘めて、新たな活動を開始しました。

 

村でのクッキングデモンストレーション。

 

直接自分で村に出向いて、栄養価の高い"モリンガ"という植物を使った料理教室&栄養の話。

 

翻訳とお手伝いは僕の自宅のガードマン。

 

彼の村を主に活動先としてやっていきます。

 

まだ駆け出しですが、少しずつカタチになっていくように頑張ろうと思います。

 

2年後、こんなすごいことをやったんだ、と胸を張れる自分がいなくてもいい。

 

身近な人に少しでも影響を与えられたら自分としては合格かな。

 

記録に残ることはもちろん大切ですが、僕は"記憶に残る"活動をしていきたいと思います。

 

僕のガードマンの娘↓とってもシャイな女の子。いつまでもこうゆう子が笑顔の絶やさない国になっていきますように。

 

 

~今回のレシピ~

幸せはバトンリレー。自分の手が届く範囲の人に幸せを配ることから始める。

 

26/NOV/2013

日本の病院、マラウイの病院

最近は本当に停電が多いです。

 

この時期、停電して扇風機が使えなくなった夜はリアルに眠れない、やまたつです。

 

 

今回はタイトルにあるように、日本とマラウイの病院の違いを書きます。

 

えー、まずはオペ室↓

 

 

 

ん?

 

ここオペ室です。

 

もう、何て言ったらいいかわからないほどです。

 

機材が少ない、不衛生。

 

こんなところでオペしたら何かの感染症で死にますよ。

 

事実、オペ後に亡くなってる患者いますから。

 

ちなみに日本のオペ室と違って、簡単に出入りできてしまう。

 

問題ですね。

 

次に、これは何だと思いますか?↓

 

 

 

これは遺体を安置しておく冷蔵庫です。

 

内部温度計によると、25℃だそうです。

 

これ、ダメですよね。。

 

ちなみに3体の遺体しか入らないため、1日に3人以上亡くなったときは上に重ねていきます。

 

僕は5体を見たことがありますが、もう言葉になりません。

 

あと、遺体を洗浄する部屋の扉にはこんな注意書きが↓

 

 

 

家から遺体を持ってきてはいけません。

 

ほんまかいな?!

 

でも書いてあるということは、事実あったのでしょう。

 

日本で病院に遺体を担ぎ込む人がいたら、異常事態ですね。

 

そして、驚いたのはコチラ↓

 

 

 

これはPlacenta dump、いわゆる胎盤捨て場。

 

日本では母親の出産後、胎盤は医療廃棄物として処理されるようですが、ここでは埋め立てです。

 

古き良き時代の便所と同じ仕組み。

 

しかもマラウイは年中ベビーラッシュなので、たくさん処理されるのでしょう。

 

古いほうは満杯になったから、現在新しいのを作っています。

 

もう、すごいです。

 

また新しい発見があったらブログ書きます。

 

 

~今回のレシピ~

自分のものさしを伸ばすのは経験以外にない

 

16/NOV/2013