管理栄養士.world

海外で活動した管理栄養士による、世界で活躍したい管理栄養士のためのブログ

アフリカでHIV/AIDS感染が広がる7つの事情

こんにちは、やまたつ(@TatsuyaOyama)です

初めましての方はコチラ

 

僕は管理栄養士として最近は免疫の勉強をしています

きっかけはアフリカで2年間のボランティア経験から

f:id:yamatatsu08:20180914100432j:plain

アフリカと言えば感染症のイメージが強いかと思いますが、その中でもHIV/AIDSがよく知られているかと思います

 

今日はタイトルの通り、なぜアフリカで HIV/AIDSが広がるのかをご紹介します

 

HIV/AIDSの感染経路

まずはどうしてHIV/AIDSに感染するのかを知ることから

大きく分けて3つの感染経路があります

1、性交渉

2、輸血

3、母子感染

粘膜や血液を介して感染するのがHIV/AIDSの特徴

セックスはもちろん粘膜が触れ合うので感染の危険性があります

輸血は感染した血液がダイレクトに入ってくるのでアウト

母子感染とは母親が陽性であるなら、その血液介して胎児にも感染してしまうというもの

今は妊娠した時から薬を飲んで予防できるので減少傾向です

母子感染予防については後日詳しく解説します

 

では、アフリカでHIV/AIDSの感染が広がる事情とは、、、

 

迷信

ウガンダでは「定期的に精液を注入してもらわないと美人になれない」という迷信があるそうです

これに付け込んで、男性がコンドームなしで若い女性とセックスするということが起きている

マラウイを含め他国でも「処女とセックスをしたら治る」と言われています

そんなことは皆無に等しく、レイプされた少女が感染してしまう事例が多くあります

 

貧困

アフリカ諸国は貧富の差が激しく(特に都市部)仕事もそんなに多くないのが現状です

女性が職に就くのが難しい、でもお金を稼がないと生活ができない

このことを理由に身体を売ってお金を稼ぐ女性がいるのも事実

そこから感染してしまうのです

 

人の移動

ここでは長距離トラックの運転手を例にあげます

彼らは常に危険な状況と共にいます

定期的に整備されているわけでもない車を運転し、舗装もままならない悪路を行き、途中で強盗に合うリスクも抱えています

彼らはいつ死んでもおかしくないと思っているようで、それなら生きている間に楽しもうということで、移動先で女性を買う

こうしてHIV/AIDSは人の移動と共にあらゆる場所へ運ばれます

 

戦争

アフリカは今も戦争、紛争が絶えない地域が存在します

戦争により故郷を追われ、難民となった人々は当然稼ぎがありません

身体を売って生き延びる人もいるでしょう

また、兵士による集団レイプもHIV/AIDS感染に関係しています

 

性差別主義

これはアフリカ諸国に限ったことではありませんが、性差別いわゆる男尊女卑が関係しています

女性の多くは「パートナーにコンドームを使うように頼みづらい」と感じでいるのは事実

男性からの歩み寄りがあればいいのですが、難しいのが現状でしょう

 

男性の割礼

これはアフリカに多い習慣で「男性の割礼によって、性感染症に対する安全性が高まる」と言われています

もちろん事実なのですが、そのことを逆手にとって「割礼して安全だからコンドームを付けなくていい」ということにも繋がってしまうようです

 

宗教

これは主にキリスト教ですが、「避妊はNG」というもの

避妊すること=コンドームの使用なので、避妊がタブーであることはコンドームを使用しないことになります

キリスト教でも宗派によって様々ですが、マラウイでは教会で神父さんからコンドームを使用しないようにという注意喚起もあるほどです

 

以上、7つの事情をあげてみました

これだけ色々なことが絡んでくるとHIV/AIDSの感染拡大を阻止するのは難しいように思います

ですが、少しずつその土地の文化・習慣を理解して、その土地に合った解決策を模索することが大切であると僕は思います

 

世界を変えることは難しいですが、自分の身近な人の意識は変えることができるのではないでしょうか

日本でも同じこと

まずはHIV/AIDSという感染症を理解することが大切かと思いますので、これまた後日詳しく解説しますね

 

おまけ

アフリカの人たちだけではなく、世の男性諸君は皆思っているかと思いますが

セックスは楽しい

コンドームを使うと楽しさが減ると多くの人が感じていることも事実です

ジンバブエ人が面白い例えを言っていました

「お菓子を包み紙ごと食べる人がいるのかい?」

なるほど、わかりやすいといえばわかりやすい例えですね

まぁ、そんなこと言わず

HIV/AIDSだけではなく、性感染症を予防する意味でもコンドームは必要ですね