管理栄養士.world

海外で活動した管理栄養士による、世界で活躍したい管理栄養士のためのブログ

Kasungu病院訪問

約1週間ほど休暇をいただいて、マラウイ栄養士隊員の活動を見学してまわってます。

 

今週末には任地に帰って自分の活動を再開しますが、どんな状況になっているか不安でたまらない、やまたつ(@TatsuyaOyama)です。

初めましての方はコチラ

 

月曜日はKasunguに行ってきました。

 

首都から北にミニバスで約2時間、もちろんぎゅうぎゅう詰めです。

 

先輩隊員の活動するKasungu District Hospital は施設が広く、内部は結構きれいでした。

 

この病院では栄養士がひとりのみ活動しており、初代の隊員ということもあって、活動は大変そうでした。

 

まず、JICAボランティアとはなんぞや?ということから始まるようです。

 

また、僕の所属する病院よりも予算が少ないためか、病院食がかなり寂しい。。

 

しかも停電すると食事が作れないと言い、患者の食事を作らない。

 

自分たちの食事は作るくせに。。

 

スタッフの意識はとっても低い印象でした。

 

やはり、それぞれの場所で問題は違いますね。

 

この日は一日中、停電、断水で大変でした。

 

風呂もトイレも料理もままならない生活。

 

途上国は生活するにもストレスがかかる、そう実感。

 

でも、こういう経験はかなり貴重なものなので2年間どっぷり浸かりたいと思います。

 

今日は同期栄養士隊員のDowaへ行ってきます。

 

ではー♪

 

 

〜今回のレシピ〜

毎日の"当たり前"に感謝

 

4/09/2013