管理栄養士.world

海外で活動した管理栄養士による、世界で活躍したい管理栄養士のためのブログ

AMBULANCEの本当の意味

さて、今週もいろいろありました。

 

今週末は首都で帰国される先輩隊員の送別会があるため、僕を除くカロンガ隊員の方々は上京してしまいました。

 

僕は3ヶ月ルール(新隊員は赴任してから3ヶ月は任地を離れてはいけない)に縛られて居残りです。

 

最近知り合ったマラウイアンとの飲み会が唯一の楽しみです、やまたつです。

 

 

AMBULANCE

 

この言葉を辞書で調べると、「救急車」「病院車」「移動式野戦病院」など出てきます。

 

日本では救急患者の命を繋ぐとっても大切なものですよね。

 

ではマラウイに救急車はあるのか?

 

あります↓

 

 

 

が、少し意味が違うみたいです。

 

その理由は救急車の中を見れば一目瞭然↓

 

 

 

さて、何か違和感がありませんか?

 

というか突っ込み所が多すぎて、何とも言えなくなることでしょう。

 

だって何もないのだから。

 

これ救急車ですよね?

 

そして、使われてないのかと思いきや、結構街中を走ってるんです。

 

ただ、患者を乗せたことはほとんどないと思います。

 

マラウイでAMBULANCEは「病院職員のタクシー」というものみたいです。

 

なので、救急患者というものは存在しません。

 

自らの力で来れない者は病院で診てもらえないのです。

 

急性~という病にかかると致命傷ですね。

 

急性アルコール中毒も例外ではないので気をつけなくては。

 

マラウイアンと飲んでて急性アルコール中毒になることはほとんどありませんが。(彼らはかなりアルコールに弱い)

 

今週はいろいろと発見があり、また壁にもぶつかった一週間でした。後日また更新しますね。

 

Have a nice weekend♪

 

~今回のレシピ~

同じ言葉でも国や文化が違えば意味が異なる。

 

14/06/2013